« しいたけ | トップページ | パブリカ 800 »

2011年10月31日 (月)

かまきり

なんか最近は昆虫図鑑のようになってます

あきあかねの続きなのですが、その時の足元にいたのがこれ

Photo

これは、オオカマキリの♂でしょうね

スマートですからね

メスはこの時期にはお腹が卵でいっぱいなのかすごく大きいはず

まあ、ハリガネムシが入ってる事もけっこうあるしねぇ

それではこの肉食系のお顔を拝見しましょう

Dsc_6298

ちっちゃな目でにらんでる

Dsc_6307

こんどはさらに戦闘的な目でにらみながら鎌の手入れを始めた

それにしても・・・

知り合いにこんな雰囲気の顔の人がいるのを思い出した

その人も「肉食系」って呼ばれてる

うーーん

明日顔見たら笑っちゃうかもしれないなぁ~

おっと名前はいえません(爆)

カマキリと言えば思い出す事があった

昔々、ワタシがまだ小学生だった頃のおはなし

春の教室では学校の庭で見つけたカマキリの卵を水槽で孵化させた

何百匹の小さなカマキリのあかちゃんが誕生した

そういえば今日生まれた人間の子は70億人目の認定だってね?

いやいや

そう、そのカマキリの子を育てるためにクラスでは毎日エサの昆虫を捕まえるのが日課になっていたなぁ

日が経つにつれ何百匹のカマキリはだんだん減って4cmくらいのが10匹くらいになったと覚えてる

これが死んだのか共食いなのかは失念

そしてやって来たのが楽しい夏休みであった

そのカマキリは学校では餌をあげられないので、何人かの子供が家で育てて二学期にまた学校へ戻すことになり、目出度くもワタシはその一人になってしまった

まあ、そこまでは良くある話であるがその頃のワタシは興味あるものにはなんでも夢中になるが、根気が無いと通知表に書かれ続けたことが正しくも当たってしまい家に連れてきたカマキリは哀れにも餓死してしまった

夏休みも最終日には普通は溜まった絵日記や宿題帳を必死にやるのだが、その夏の日のワタシは・・・野原を駆け巡り子供カマキリの捕獲に必死だったのは皆さんの予想の通りであった

そして、何匹かのカマキリを何食わぬ顔で始業式の日に持っていったのだが、先生からもらったのは「がんばって育てたね」のねぎらいの言葉ではなく、このカマキリはどうしたの?との追及の言葉と嘘をついて持って来た事への一つのげんこつだった(笑)

そう、ワタシのカマキリは他の子のカマキリとはあきらかに種類が違ってたのね

彼らって、小さい頃はなんか茶色っぽくてにてるんだよね

Dsc_6311

嘘をついてはいけません

ワタシはこの時のカマキリに教わりました

|

« しいたけ | トップページ | パブリカ 800 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/53131679

この記事へのトラックバック一覧です: かまきり:

« しいたけ | トップページ | パブリカ 800 »