« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

グッバイモーニング

部屋が真っ赤だった

Dsc_5583

これは、気がついてから寝ぼけ眼でカメラを持ち出したあと

本当は、濃い紫の信じられない空だった

時間は5:30頃かな?

ふと頭の中に流れるメロディーがあった

1976年 「朝焼けが窓を染めたなら~♪」

「君に告げようグッバイモーニング~♪」

深夜のラジオから流れるサンディーの「グッバイモーニング」

好きだったなぁ~

あの頃は・・・・

まだ青い青い本当に青い「青春」だったのかも・・・・ね

書きだしたら、顔が赤くなるような事も思い出す

でも

それが「青春」なのかもね

今夜はバーボンで乾杯!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

SCARECROW Ⅲ

そろそろひつこいかな?

まあ、鮒入れたから・・・

しばらく走るとまた出迎えてくれた「かかし」軍団!

Dsc_5517

ここのも少し他とは趣が違うようだ

最初は

Dsc_5518

「たのしいやきゅう」って、やっぱ田舎はジャイアンツなのねぇ~

帽子が赤白帽じゃなくて赤黄帽なのがいいね

Dsc_5519

「仮設住宅のスロープ じいちゃん大丈夫かな」って、この爺さんたちなら「大丈夫だぁ~」って聞こえてきそうじゃ(笑)

頑張れ東北!

Dsc_5521

「今日も暑そうだね」ってお題のお母さん

毎年この地域にあるかかしの特徴である、ひょうたんの顔

う~ん もっと色っぽくしてもいいんじゃない(爆)

Dsc_5522

おお、どうもここの案山子は「丸子温泉郷」の作品のようですね

ここには、「鹿教湯(かけゆ)温泉」「大塩(おおしお)」「霊泉時(れいせんじ)」と言う温泉が近くにある

ぢつは・・・なんとワタシはそのどれも入った事が無い(反省)

近くの別所温泉には何度も入っているのにね

近いうちにチャレンジしなければと思う

Dsc_5523

Dsc_5524

今年は、卯年だったのね

今年の「かかし」はこれでおしまい。。。

昔のかかしはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

佐久の小鮒と鮒米の純米

最近は信州の小鮒の甘露煮も結構有名になっているようだ

県民ショーなんかでもやってたから全国区?

先日、田舎で小鮒で一杯やった

Dsc_5490

この時呑んだのが「ふなの郷(さと)」ひやおろし

地元は黒沢酒造の限定純米酒

何が限定かと言うと「米」なのだ

佐久地方では田ぼで鮒を育てる

もちろん生きているから農薬なんかは使えない

そこで育てるイネは当然無農薬になるのが必然

最近は、この鮒米も非常に人気らしい

このお酒も、その鮒米(こしひかり)で仕込まれたというわけだ

ちょっぴり甘くて噛んでいるうちに心地よい苦みがある小鮒は日本酒のあてには最高である

Dsc_5500_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

SCARECROW Ⅱ

またまた続きがありまして

翌日に、鹿教湯(かけゆ)温泉の文殊堂が見たくなり出かけた途中

そう

彼らは待っていた

Dsc_5512

6人と一頭のお馬さん

道路沿いの堤防の上に一列で

これがなかなか良い出来ばえなので思わず車を止めてしまった

Dsc_5507

まずは先頭の彼、キャップがなかなか似合ってる

Dsc_5506

うーーん、彼か彼女か?

Dsc_5505

服が「しぶい」けど彼女だろうなぁ~

Dsc_5509

こちらは、馬を引くしぶい網傘が素敵なお兄さんでしょう

Dsc_5504

そして、紅と白の大玉を運ぶ馬と少年少女

運動会への配達でしょうかねぇ~

看板には、子供を交通安全と犯罪から守り家まで送り届ける「地域の見守り隊」と書いてあった

自然の多いいい街です

それにいい季節です

そう信州です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

SCARECROW

毎年楽しませてくれる「稲倉の棚田のかかし」に逢いに行った

Dsc_5448_r_2

棚田を見下ろす駐車場で出迎えてくれたかかし一家

相変わらずのクオリティーだ

Dsc_5479_r

今年も田んぼの中の道沿いに多くが並んでいる

かかしにはテーマがあるのだが

今年は「東北の復興」にたいする「祈り」と「鎮魂」をテーマにしたものが目立った

Dsc_5455_r_3 

これは?

Dsc_5458_r

ちょっと色が褪せてますが、なすびとスイカ(笑)

みなさん毎年がんばってます

しかし

正直言うと、全体の出来栄えは少しダウンかな・・・

でも、楽しませてくれていて

なにげに毎年楽しみのひとつです

こんなシュールなのも

Dsc_5460_rDsc_5466_r_2 

朝夕はすっかり「寒い」ような信州の棚田

稲刈りも始まってます

ではまた来年!

Dsc_5449_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

あきのななくさ

Dsc_4156

秋の七草で思い出すのは、むかし実家のお盆の飾り花に祖父と一緒に野に探しに行ったことを思い出す

万葉集の山上憶良の歌に

「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」

があるが

当時の実家の近くの里山には結構沢山あって、今の「花市」で買うなんて事は絶対にしなかったなぁ~

 萩:いっぱいあった

 尾花:すすきですね、縞萱(しまがや)と言うのを探した

 葛:土手がすべて葛だったりした

 なでしこ:道端にひっそりと咲いてた

 女郎花:これも意外と沢山あった

 藤袴:お盆の頃は花が咲いてないのか一番苦戦した

 朝顔:これは桔梗の事と言われたが野生は貴重だった

しかし、現在の同じ里山ではなかなか探せない

特に、女郎花(おみなえし)と桔梗はほとんど無くなったなぁ~

あれは、しっかりと自生している場所を覚えて言えば毎年咲く

じいさんは、絶対に根までは採らせなかった

でも、採る輩がいるんだな

(花市の花はどこから手に入れて育てたん???)

かたくりの自生地もおんなじだった・・・・・

自然はやっぱり人間の思いで残さなければいけないということが本当に実感できる

当時からは他に、「りんどう」「やまゆり」なんかも同じ運命になって消えた

山での「花つみ」は節度を持って、根はいけません

やっぱり、眺めるだけにしましょう

まあやっていいのは・・・女性の花つみ

おいらたちは・・・雉撃ちだけどね(笑)

あ、これも最近は宜しくないらしいけどね

仕方が無い

Dsc_4129

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

そふとくり~むぅ?

Photo

昨夜は、まんまるお月さんを日の丸で・・・・

今夜は、なんざんしょ

夜空は十六夜の月が昨日と変わらずに輝いている

なにげに涼しいかな?

今日、突然遠いところに住む友人から電話があった

話をするのは10年ぶりくらいだろうか

まあ、話の内容は書かないが

今度こそ呑もうと話をして電話が終わった

実現させたいねぇ~

昔はとにかく良く呑んだなぁ 彼とは

部屋もとなりどうしだったし

小さなちいさな楽しみが一つ増えた

ふぁいと!

すでに半年が過ぎたが・・・・

このCMは元気が出るよ

最後のほうに・・・知り合いが写っているかも(謎)

ふぁいと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

中秋の名月

今夜は6年ぶりの十五夜が満月になった

先日、清水寺の舞台からバンジージャンプして500mmをゲット!

さっそく、お月さまを。。。

Photo

わざとトーンを落としてみた

満月って明るすぎてなかなか大変です

これ、SS1/3200、F6.3ですよ

だって、夜中なのに空が青い状態

Dsc_4447

月が明るすぎるので、ベランダから☆を撮ってみる

ね?

空が青くあかるいでしょう

でもね、何気に風に流れる雲を撮ったら

Dsc_4438

ちょっとわかりにくいけど☆がいっぱい写ってる

(写真クリックすると大きくなってわかるのだ)

肉眼じゃまったく見えない

今度はもう少し暗い夜にチャレンジしてみよう

車とかあれば、ススキの河原あたりに行くんだけどね(^^♪

最後にWBを変えて1枚

Photo_2

涼しげでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »