« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月28日 (日)

ああ青春! 

ちょっと前の夜、なにげにバーボンでも呑みながらネットを見ていて・・・

ふと「岡田奈々」の事が頭に浮かんだ(理由はわからない)

奈々ちゃんと言えば

以前、友人の居酒屋で深夜のYouTubeにて懐かしい画像や歌を見ながら良く呑んでいた頃があった

同級生だけに二人ともファンだった事が発覚してね

夜中にいいオヤジが2人でPCの前で35年前の奈々ちゃんについて画像を見ながら「かわいいかったよなぁ~」とか「今でも綺麗だねぇ~」なんて他愛のない話をしていたもんだが・・・本当にそうだから仕方がない

まあ罪のない酔っぱらいです(笑)

この夜はちょっとアルコールが大脳の中を駆け巡りすぎたのか、いつのまにか検索をしているうちにAmazonから「ポチッ」ってやっちまった・・・みたい

Photo

それが証拠に、今日CDが届いた-----!

奈々ちゃんのシングルコレクション+「憧憬」(あこがれ)22曲入り

まあ歌はあんまし上手じゃなかったけど・・・それもまた良し

ちょっとハスキーな声がくすぐったい

ドラマも「俺たちの旅」でのオメダ(田中健)の妹なんかの頃は最高だった

あのころは本当にCDじゃないが憬れていたな~

下敷きに写真はいてった(爆)

実家に行けばLPやEP(ドーナツ)があるわけだが・・・

うーーーん懐かしい

ぢつに透明と言うか・・・本当にかわいいなぁ~

きょうびのねえちゃん達とは何かが違わない?

そんなオヤジの日曜の昼下がりであった

さあ、聴きながら一杯やるか(笑)

なぁ つ○ちゃんよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

このまま秋になるのか ②

最近の我が家のリビングはとても賑やかになっている

それは・・・

Dsc_4330_r

この虫がいっぱいいるから

Dsc_4335_r

そう、スズムシです

中くらいの水槽の中に20匹くらいいるだろうか?

夜ともなれば必死に鳴く

Dsc_4341_r

まあ、鳴くとは言っても写真のように全身を使って一生懸命に羽をすり合わせるのだが

(写真がぶれてるのではないですよ)

この狭い空間の中で「彼女」の気を引こうとしてるのか?

彼らも庭の片隅で「りりりりりりーーん」

と鳴くならば風情もあるが

部屋の水槽では最初はいいが、しばらくすると正直「うるさい」と言ってしまう

まったくもって人間の勝手な話ではあるわけだが

彼らは必死に短い夏に「恋」を探しているのだろう

乾杯!

鈴虫と言えば、源氏物語を思い出す

あの本には日本人の本能の原点があると思う

意味は推測してください(謎)

その身近な例が・・・弐千円札

そうです、弐千円札の裏の絵こそが「鈴虫」

800pxgenji_emaki_suzumushi

ここの畳?ござ?に座って向かい合い語っているのは・・・

光源氏(右)と冷泉院(左)の兄弟

しかーーーし真実は

親子なのである

しかも、この冷泉院は光源氏の継母である「藤壺」との子供

だから、親子なのだが兄弟でもあるのだ

すごいですねぇ~

ちなみにこの源氏物語絵巻第38帖「鈴虫」は国宝になってます

うーーん、世界中を探しても不義の親子をお札に描く国はあるだろうか?

まあ

これも 日本!

ワタシの国なのだ

それにしてもめっきり弐千円札にお目にかからなくなりました

弐千円が手元に無い人への・・・サービス

Untitled

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

このまま秋になるのか ①

ここ2~3日はすっかり涼しくなってしまった

Dsc_4360_r

庭にやってきたトンボ

漢字で書くと蜻蛉となり、英語はdragonflyとなる

日本では、トンボは前にしか飛ばないことから決して後ろに引かない縁起物として使われていたと聞く

逆に、西洋では不吉な虫としてとらえてドラゴンを使っているらしい

写真のトンボは小さいやつだが、オニヤンマなんかはでっかくて噛まれると結構痛い思いをした経験がある

まあ同じものでも両極端な評価をしてしまうのだから、風土や文化ってものは人間が勝手に作ったものとして大変に面白いが・・・・ある意味で冤罪(勘違い程度もあるが)となってしまう恐ろしい面もあると思う(宗教戦争なんてものはこの象徴だろう)

さて

極楽蜻蛉のワタシとしては、蜻蛉はトンボでもこっちがいいですねぇ~

Tonnbo_2 

福岡は若波酒造さんの「蜻蛉」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

今年も・・・・我が家のせみ女!

我が家の近くにはとにかくセミがいっぱい

狭い庭にも抜け殻がたくさんあるし、昼ははっきり言って騒音である

今年も出たぁ!「せみ女」

P1000831_r_2

今回は、36匹の抜け殻で武装してきた

この娘は、生きているセミはつかめないのに抜け殻は大好き

うーーーん

良く見るとTシャツが昨年と同じだった(物持ちが良いのか?)

□昨年のセミの話題(クリック)

まあ、毎年おんなじ話題を書いているワタシモ・・・・ですが(爆)

この抜け殻は、ほとんどがミンミンゼミなのですが、今日の庭にめずらしいセミさんが遊びに来ていました

ばたばたと地面であばれていたので、ゲストの身柄を確保した

それが彼である

Photo_3

んん、ここいらでは最近見かけない顔だなぁ~

たぶん、こいつの名前は「エゾゼミ」だとと思う

蝦夷とつくから、北のセミのようだがぢつは日本中にいるようだ

しばらく、ご休憩したあとで庭の木に御帰りをいただいた

さあ、七年後には御子息が来るだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

涼を呼ぶ「かえる」

ご無沙汰してしまいましたm(__)m

残暑お見舞い申し上げます

Photo_2

暦では「秋」ではありますが

今年も暑い日々が続きますねぇ~

昨日の上田は36℃近くまで気温が上昇しており、信州じゃないみたい

ついに禁断のエアコンも稼働させてしまった(笑)

そんななか、庭の植木鉢の縁にちょこんと座った?アマガエル一匹

ごく普通のカエルなんだけど、前足?がなんともいえない

そんなカエルが雨を呼んだのか

夜半から降った雨で今日はすっかり涼しい

現在室温は26℃

10℃も違う

やっぱり「信州」は涼しいですねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »