« ミッキーはスーパーマン? | トップページ | 空を飛びたい »

2010年2月 4日 (木)

蜂の子とイナゴ

先日、アマゾンで「虫はごちそう」という本を買った

一応・・児童書となっており漢字にはルビがついている

Photo_2 こんな表紙の本で、大人なら1時間で読めてしまうだろう

ワタシもかなり早く読めてしまった

まあ、なかなか楽しい本である

出てくる虫は

蜂の子、イナゴ、カメムシ、ふんころがし、コオロギ・・・・

世界中の様々な虫と、それを食べる国の文化や生活が

詳しく書かれていてとても楽しい

特に、カメムシはどんなんだろう?

想像するに、パクチー(香草)のような感じではないかと想像する

なら、大好物になるかも(爆)

でも、日本のカメムシの匂いは・・・・・無理かも

ここで解るのは、昆虫食はあくまでも文化であって決して食べるものが無いためではない

のである

今週こんなものを買った

Photo_3

買ったのは、家の近くのスーパー(普通に売っている)

これじゃ、「ケンミンショウ」も嘘じゃなくなっちゃう(笑)

でも、結構いいお値段ですよ

ワタシも御幼少から青年に至る頃には、両方とも自分で採って喰った

しかし、蜂の子の絵はひどいねぇ~

羽蟻か蜉蝣じゃん

地蜂(ジバチ)はもっと精悍な蜂なのに・・・

イナゴの缶の絵はノスタルジーですねぇ~

角度を変えると

Photo_4

富士山!

手前の湖のピンクは? 魚の尻尾でしょうか・・・

なんせ、作ってるのは諏訪ですから・・・富士山が諏訪湖の向こうに見えますからね

Photo_6 

そして、蜂の子は

Photo_7

坂城でした

先月買った瓶詰めの蜂の子も坂城だった

坂城は蜂の子加工になにかあるのでしょうか?

でも、絵だけはなんとかしてほしいなぁ~「交和物産」さん

フリーダイヤルに電話しちゃおうかな(笑)

この缶づめは、週末に東京は神楽坂の居酒屋までお届けです

そして、信州の虫喰い話で盛り上がるのである

□諏訪湖からの富士山「富士山が」

http://iamkan.cocolog-nifty.com/take/2008/01/post_ad16.html

「ぶいよん」になかなか行けない

マスター

飛び石連休には法事があるので帰ります

喰いにいくからね~

|

« ミッキーはスーパーマン? | トップページ | 空を飛びたい »

コメント

イナゴってカリっとタイプと
しっとりタイプがありますよね!
私はカリットタイプが好きであります♪

佃煮をいただいた時、旦那のお弁当の
ご飯の上に、ぴょーんと弧を描く様にイナゴを
配置したら、(私としては可愛い!いける!と思ったんですが)

「これは止めてくれ crying

とレームが来ました。
旦那はイナゴが食べられないみたい!?
美味しいのになぁ。

投稿: cobu-cha | 2010年3月 2日 (火) 10:37

ワタシはなんでも喰います(爆)
ダンナは・・・蕎麦以外OKかと思ったのに(笑)

投稿: kan | 2010年3月 3日 (水) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/47479775

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の子とイナゴ:

« ミッキーはスーパーマン? | トップページ | 空を飛びたい »