« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

ケセランパサラン

昨日部屋の玄関で偶然これを見つけました(驚)

ふわふわとさまよっていた物体

それは・・・

ケセランパサラン

幸福をもたらす不思議な物体・・・UMAとも言われているが、その正体にはいまだに諸説がある。

なぜ?「ケセランパサラン」かとわかったかというと・・・その昔にTVや雑誌でかなり話題になった事を覚えていたから。

当時から、ウサギを食べた猛禽類の糞に混じった毛綿だとか、アザミの種だとか諸説があるらしい。。。

しかし・・・真実はどうなのだろう?

動物性や植物性などケセランパサランは1種類でもないらしい

桐の箱などにいれて、おしろいをエサにすると増えるらしい

まっくろくろすけのアルビノらしい

願いをかなえてくれるらしい

願いが叶うと消えてしまうらしい

欲の多い人に見せると消えてしまうらしい

などなど

「らしい」ばかりなのも笑わせてくれる

このケセランパサランはどうであろう?

マンションの部屋の中に忽然と現れたという事実はある

しかも、普通の人ならばそのまま捨ててしまうのだが・・・・

偶然にもワタシは知っていた、彼の正体を!

そう・・・ケセランパサランであることを

いろいろ調べると、人にはあまり見せない方がいいと書いてあったが見せてしまいます(笑)

しかーーーーーし

太っ腹のワタシからの幸福のおすそ分けです!

これが2008年9月東京で発見されたケセランパサラン

Photo

最初はもっと細かい綿毛が多かったのだけれど・・・風に飛ばされて部屋の中を追い掛け回していたら、貧相になってしまった(笑)

詳しく知りたい方は・・・・

ケセランパサラン(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

Beeのホームページ。ケセランパサラン(ケセパサ)の写真と幸福の哲学

さあ、この写真でみなさんが幸せになれますように

ぶいよんからのお知らせ!

ちょっと情報!

お彼岸が過ぎてすっかり「風」も秋色?になって来ましたねぇ~

「ぶいよん」マスターからのメールでは、夜の部がかなり食べやすい環境になっているそうです。。。はっきり言って空いているらしい(笑)

だんだん夜長になるこの季節、「とりそば」でしみじみ秋を満喫しませんか?

もうすぐ登場する「印度」

20080707_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

たそがれの富士山

先日しっかりと「ぶいよん」行きました。

そして、再開した「味噌」を食したわけですが・・・その画像が無い(>_<)

メモリーカードを間違えて持ってきてしまったらしい。。。

まあ、仕方がないので古い画像でもと思ったらあった昨年のちょうど9月の「味噌」

Photo

この頃は・・・「海の味噌」って呼んでたはずである。

季節もすっかり「秋」になりつつあり味噌の風味が懐かしく感じますね。

そうそう、あの「印度」も10月頃から(一説には10.2との噂も)復活するとの事で、こちらも印度ファンには期待が大ですね。

さてさて

そろそろ

本題に・・・

久しぶりに大阪便に乗ることとなり、しっかり機体後方K列を確保したのに・・・なぜか空は泣いている(最近天気が悪いフライトばかりでこっちが泣きたいのだが)

ほとんどあきらめのテイクオフをした時に一瞬見えたのがこれだ!

Photo_2

翼の下にかすかに見えるそのお姿は・・・富士山!

窓が傷ついていて写真がちょっと汚い(JALさんたのむよぉ~)Photo_3

傷の少ない部分を選んで横位置で・・・・

そして、これを450mmのズームを入れると・・・・

Photo_4

ちょうど、機体がバンクを始めたので傾いてますが・・・Photo_5

陽光が斜めに差し込んでいてとっても神々しい

これで、もっと近づけば今までにない写真が撮れると「ニター」ってしてしまった。

しかーーーーーーーーーーーし

写真を良く見ると、雲の上に顔を出した富士山ではあるがその上にも雲はあったのだ。

サンドイッチ富士山

このあとB777はどんどん高度を上げていく

このサンドイッチ状態の中にもラピュタがあった

Photo_6

このときにはすでに富士山は見えない状況、この数枚もわずか30秒程度の時間しか見ることが出来なかったのだ

それは機体がほぼ富士山を正面に向けて飛行しているためだ、コックピットならきれいに見えるんだろうな~

そして3分後にはこの世界になってしまった

Photo_7

成層圏に近い場所は・・・こんなに明るい

さっきまでのトワイライトからいきなりブルースカイだ

だから、空はおもしろい

ただ

そろそろ富士山が・・・と思って一生懸命下を見るのだが、雲の切れ目にチラッと一瞬見えたのだけどシャッターを押すチャンスまでは神は与えてくれなかった

残念

ぶいよんからのお知らせ!(クリックして)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

霊泉寺温泉

ひまわり&コスモスのつづきです。。

前回紹介した場所の反対側に、霊泉寺温泉があります。こちらにもコスモス畑があると聞いていってみました。

Photo

最初に国道から入ると、おじぞうさんが迎えてくれます。

それから、最初のひまわり&コスモス畑の手前の橋の下にこんな光景を見つけました。

Photo_2

曇っていて光が届いていないため少し暗めの写真ですが・・・岩が侵食された丸い滝つぼ?が2段に続いています。

水もきれいなので、きっと昔は子供たちのプールになっていたのでは??と思わせる雰囲気。

今度は、天気の良い早朝にきれいな光での写真を撮ってみたくなる場所。

しかし、この丸い削りは長い年月で作られた不思議な光景ですね?

01

しかし、鮮やかなオレンジ!

02

この周辺では、「かかしコンクール」のようなものをやっているようで、多くの案山子が目につきました。

Photo_3

温泉までの途中にあった「浴衣の案山子」温泉まであと500mと・・・あれ・・後ろの木になにやら登ってるのは?

Photo_4

とうもろこしを片手に・・・・

Photo_5

ここの案山子の顔はどうやら・・・ひょうたんのようですね。

01_3 

02_2

この二人は同じメイク(笑)のようですからプロダクションが一緒なのかなぁ

この後・・・この彼女にはだまされた

Photo_6

遠めには、本当に草刈をしていると思った・・・まあ冷静に考えるとエンジン音がしていなかったわけではあるのだが・・・

ここ、霊泉寺温泉にはまだ入った事が無い

公衆浴場もあり、大人は200円だった。 今回は準備してなかったので次回は是非入湯してみたい。

Photo_7

この少し上にある鹿教湯温泉は、漁師が手負いの鹿が温泉に入って治しているのを発見したという言い伝えがあるが、ここの霊泉寺は、平維盛戸隠鬼女退治をした帰りに、この地で傷を癒したとも言われているが・・・明治の大火の以前はかなりの規模だったようだ。

ここには、巨大なケヤキがあったが今年ついに倒れてしまった(クリック)

01_4

この切り株はものすごく「でかい」遠くに見えるV-MAXは、この気が7月に倒れたときに下にあった車庫もろとも犠牲になったそうだ・・・近くでの写真もあるが、無残なすがたのため自粛

02_3

たっている人と比べると大きさがわかるでしょう?

木の横からは、ケヤキの小さな枝が出ているのできっといつかは復活するであろう(数百年後ではあるが)

最後に・・・草刈の案山子02_4

ぶいよんからのお知らせ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ひまわり と コスモス 独鈷山!

信州ではすっかり朝晩の涼しさは「秋」になってきました。

そんななか、上田市(旧丸子町の宮沢地区御屋敷平)では夏の代表「ひまわり」と秋の代表「コスモス」の競演があると聞きちょっと出かけてみました。

そこは、独鈷山登山道入り口から細道を登った山麓の開けた場所にありました。

車でも登って行ける場所にあるのですが、下の国道からは見えないばしょなんですねぇ~

登ってみると・・・・01_2

奥に見える独鈷山に向かうように山裾全体がひまわりとコスモスでいっぱいです。

奥の黒いのはたぶん、朝鮮人参の栽培でしょうか?

02

今日は、生憎曇り空で光が弱く・・・きれいなコントラストは望めなかったのですが、独鈷山の岩が力強いですね。

03_2

一番奥には休憩所があるのですが、そこから山裾をみたところですが一面のひまわりがわかりますね。

05

ここの、オレンジのコスモスがとても鮮やか!

まだまだ写真はいっぱいありますので順次UPします。

しかし、あと1~2週間は楽しめそうですのでぜひいかがでしょう?

あ~ 晴れた青空でリベンジしてぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

目黒のさんま

またまたご無沙汰してますm(__)m

どうもPCの調子が悪く、写真を扱うとダウンしてしまいます。はやく、新しいのを買えばいいのですが、なかなか財政困難が続いてまして・・・・

まあ、飲み代やらカメラやらの費用を削減すればいいのですが(笑)

さて

落語に「目黒のさんま」ってのがあるのを知っていますよね?

簡単に言うと、昔々殿様が鷹狩かなにかで目黒まで来た時に昼を過ぎて腹ペコ状態。すると、田舎(当時は目黒も田舎なのです)の家からサンマを焼くいい匂いがしてきまして・・・家来にあれは何の臭いじゃと聞くと、下魚のサンマという魚で油も多く、殿が食べるようなものじゃないと否定しますが・・・・あまりの空腹と良い匂いに焼いている爺さんからいただいて食べたそうな。 殿はそのサンマのあまりの旨さに、屋敷に戻ってからも毎日サンマを所望して焼かせたが、家来の皆さんは健康に気を使い、油抜き、骨抜きにした調理、しかも時間がたつので冷えているものばかりが出される。

まあ、こんなサンマが旨いはずがない(笑) 

そして、このあまりにまずさに殿は聞いた「このサンマはどこのサンマじゃ?」

家来は当時最高の魚を売っている、「日本橋の魚河岸です」と答えたそうな。

そのとき殿は言った・・・・「うーーん、サンマは目黒に限るのう」

まあ、噺の詳細はいろんなパターンがあるそうですが、だいたいはこんな感じの噺です。

目黒のさんま(クリックで詳細へリンク)

で、現在も目黒ではさんま祭りなどが開催されていて、無料で塩焼きのさんまが振舞われたりしています(過去の経験ですが・・・一時間以上並んで結構真っ黒のさんまいただきました、これだけ並ぶなら買った方が・・・なんて思ったりしたのを思い出す)

そして、この時期居酒屋さんなんかは秋刀魚塩焼き¥100なんてサービスも結構あります。安くて旨いので結構喰います(爆)

本題は・・・ここから

ぢつは・・・・昨日ワタシはとても恐ろしいものを見てしまった

目黒は権之助坂にてランチを食べた後に、駅に向かって歩いていると・・・いろんなお店がランチのメニューを歩道に出している。

しっかり食べたので、まあ次回の参考にと眺めながら歩いていると・・・・

そいつが現れた!

それは・・・今思い出しても「恐ろしい」

それは・・・・

この写真だ!

Photo

えーーーーーーーーーーー 秋刀魚塩焼

本日は3尾付きです!! 

んん

3尾って・・・

マヂ?

確かにサンプル(ラップ包みの本物)がある(驚)

はい

たしかに・・・・ワタシはサンマ大好きです

しかーーーーーーーーーーし

昼飯に3匹って?

ビールでもありゃ喰いますが

ランチに3匹は・・・

さすがに・・・目黒です(笑)

みなさんどうですか?

このトレイの隣のメニューには、味噌汁とかもあったのですが・・・サンマにはどうもご飯の茶碗しか無かったのは・・・気のせいなのでしょうね?

そうそう

ぶいよんの厨房の壁にも、特大サンマの写真があったなぁ~

秋限定! とりそば+サンマ定食なんてあったら喰うよ(爆)

じゃんじゃん

Photo_2

□秋の香り・・・

ぶいよんからのお知らせ(クリックして)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

富士山 久しぶり! 後編

朝早くのフライト

空は暗く、雨も降っている・・・・

今日も無理かなぁ~ カウンターで無理やりA席を取ったのに

しかーーーし 

神は見捨てなかった

Photo_4

御前崎の沖あたりからの富士山

雰囲気だけでも・・・小さく古いカメラではこれが限界なのだ

Photo_5

だいたい肉眼で見てもこんな感じ(大きさ)に見えます

しかし、太平洋側からこの時間(朝)に見ることはあまりチャンスが無いのでなんだかんだ言っても嬉しいのである。

Photo_6

いちばん接近したのがこれ

伊豆半島の先端、石廊崎上空です

西伊豆の海岸がはっきり見えます

Photo_7

このあたりで下に見えてきたのが、弓ヶ浜ですね

名前の通りくっきり弓の形の砂浜がきれいです

こんなところでキャンプが出来たら最高です・・・しかし焚き火ができん(-_-;)

Photo_8

■槿(むくげ)

そういえば、去年の今頃は「台風」の話が出てた。

マスターも言ってたけど、今年台風来たっけ?

昨年の9月5日のブログ(クリックしてください)

噂によると・・・中国がオリンピックで天気を変えるためにロケットを打ち上げ続けて天気が狂ってるって・・・ほんまかいな?

でも、台風来ないけど「ゲリラ豪雨」がすさまじい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

富士山 久しぶり! 前編

先日久しぶりに富士山に逢えるチャンスがやってきました

しかーーーし、連日のこの天気rain

この日も、空は厚い雲に覆われてとてもとても富士山にお目にかかれる状態ではない雰囲気

カメラも・・・荷物になるため10年前の古~いのしか持ってない(200万画素)

離陸後約10分少々で近づくのだけれど・・・・

ちょっと仕事の書類のチェックをしていると・・・あっPhoto

たしかに、翼の上の席であった・・・さっきまで雲も厚くほぼ無理だとあきらめていた

うーーーーん

ワタシとしたことが(無念)

でも、B777のエンジンナセルと富士山のてっぺんだけでも記録に残せた

ショックを引きずりつつも窓の外を眺めると

成層圏の空はどこまでも蒼かったのである

そして・・・帰路には

とリベンジを誓うのであった

Photo_2

Photo_3

■朝日とノウゼンカズラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

ぶいよん三昧

久しぶりの「ぶいよん」だからってなんも変わってはいなかったけどね(笑)

さて、何を喰おうかぁ~

Oldphoto

今日もまじめ?にとりそば職人は頑張っている。

さてさて今日のオーダーは

Photo

ここの基本中の基本である、とりそばの並

まあ、ビジュアル的には「あおさ」をもうすこし広げてトッピした方がいいような気もするが、食べ初めてしまえば・・・変わらないか?

これは、娘(7歳)のオーダー

彼女は、ここではこれしか食べない

ある意味、一番するどい味覚を持っているのかもしれない、ただし・・・彼女はまだ面を「ズズーーー」ってすすりこむことがうまくできない(笑)

練習あるのみ。

Photo_2

これも、ここでは2番目に古いメニューである、つけめん並

今日も、サービスのきゅうりの辛子漬けがトッピされる。

本日最終オーダーのため、タッパーに残った全部乗(爆)

通常は3本だったけ?

まあ、自作のきゅうりがあるうちのサービス限定トッピ

これが結構うまい

つけめんには、梅肉のサービストッピ(梅があるときだけ)もあるがのだが、漬物がすごく合う。

今後も、茗荷とかたくあんとか頑張ってもらいたいねぇ~

マスター!研休日には大根漬け頑張っておくれsmile

さて、最後は・・・・

Photo_3

最近一番のお気に入りである、海の大+辛味

この写真は間違いがあるのだけれど・・・わかるかなぁ?

Photo_4

このニラが見えますか?

ここに、辛味が入ってます

最初は、反対方面から食べ初めてここの命のスープと麺を堪能し、途中でかき混ぜて辛いバージョンへ味の変化を楽しむ

この辛さは本当に丁度良いと思う

まあ、辛さ大好き人間にはまだ足りないが本当に美味しくいただける。

いやぁ~

今日もご馳走様でした。

Photo_5

雨が続いたけれど、今日は久しぶりの「夏空」が戻った

新幹線のハープ橋と浅間山にかかる入道雲

これから、だんだん空が秋の色に変わってくるのでしょう

うーーん、少し待ったけど・・・・新幹線は現れず。。

ぶいよんからのお知らせ!

ぶいよんの継承者募集してます。

詳しくは、ここをクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

東山魁夷

だいぶ間が開いてしまいましたm(__)m

どうにもこうにもいろんな事があり、なかなかPCの前にゆっくり座れる時間がありません・・・まあ、言い訳なのですが

ずーーーと、秋雨(まだ夏のみぶんなのだが)が続いておりどうもパッとしないため、写真を撮る意欲も沸かないし・・・・

重いカメラを振り回す気力も十分に充填がされず・・・軽いカメラだけ持って子どものチアリーディングの付き合いで長野に出かけました。

時間が余った(写真を撮ればいいのだが・・・)ので、小雨の中気になっていたこの場所へ上の娘と行きました

Photo

東山魁夷(1908~1999)

ワタシ意外と、美術館、博物館、資料館などに行くのが大好きなのです。

国立博物館はすべて行きました(東京、京都、奈良、福岡)

この、東山魁夷は好きな画家です。

とくに、信州には東山画伯がその多くの作品を長野県に寄贈しており信濃美術館に東山魁夷館が併設されており、特に今回は誕生100年を記念した特別展が31日まで開催されていました。

個人的には、日本の風景を描いた作品が好みです。構図などは写真を撮るためにも参考になります。

今回特に楽しみにしていたのは、唐招提寺の障壁画

松と岩と濤で構成された作品は・・・おもわず30分近くも眺めてしまった。

10年の歳月を経て、鑑真和上に捧げるための「こころ」が見えるかのようでした。

機会があるならば、唐招提寺に行って見たいと強く思ったのでありました。

この展示会・・・高校生以下が「無料」っていうのもすばらしいと思う。

家の玄関にこんな来客が・・・・Photo_2

ピントが甘いけどお顔を覗き込むと・・・Photo_3

この後・・・ケロケロ鳴いていたのは彼だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »