« お酒と蕎麦 | トップページ | 爆水RUN in 依田川 »

2008年8月 1日 (金)

佐久のお墓参り

今日は8月1日です、信州の佐久地方では「お墓参り」の日です。

この日はどこも休みになるのが普通でして、まだ信州にいた頃はしっかり会社を休んで先祖の供養をしていました、しかし遠く離れたところで暮らすようになるとなかなか帰ってお墓参りをする機会は8月1日が休日にならないかぎりありません。

ふとカレンダーを見ると来年は土曜日なので久しぶりにお墓参りができるような気がします。とは言っても仕事を関東でしていられればですけれど・・・(謎)

しかし、この「お墓参り」なる風習・・・しかも会社や官公庁までもほとんど休みにしてしまうのは一体いつから始まったのだろう?
東信も佐久地方(小諸の一部含む)は休んで(実家のあたりは、前日にお墓掃除として2日休むところもあった)実施してますが、上小になると「お墓掃除」みたいな感じで早朝に行われていましたね。

暮らしたことの無い北信の事はよく知らないのですが・・・どうでしょうか?

この風習はどこから来たのかと少し調べると、戌の満水という大水が、1742年(寛保2年壬戌)に大雨(台風)が降り、千曲川上流部から下流部までの水域で約3000人近い被害があったそうで、この慰霊のために始り200年以上続いているらしいです (詳細は文末のリンクで)

悲しい災害の裏にある墓参りだったのです。

子どもの頃は、夏休みに花火を楽しんでよい日というのが決められていて、それがこの墓参りの日と、お盆の4日間だった事を急に思い出しました、子どもにとっては花火はできるは、親戚が集まって美味しいものは食べられるはで楽しい日だったにですが(笑)

実は・・・・

今年も地震や河川の氾濫などで多くの方が亡くなられています、現在の私たちの生活は自然災害からはかなり守られるような、治水や土木工事がすすめられていますが、都会の川などはあまりに人工的な工事をしているため逆な現象も起きています(悲しいことです)

自然災害を防ぐには過去の歴史や先人たちの積み重ねた努力を尊重するとともに、自分たち自身としても最悪を想定したリスクマネジメントをしておく必要があると思います。今日はそんなことも考える日として本当は子ども達に話をしていくべきなのかもしれません。これは、お盆の帰省したときにでも爺さん婆さんもふくめ考えてみたいと思います。

もしかしたら、こういった風習や行事には仕事を休みにまでして先祖の墓前に一族が集まり、宴を開く席の話として伝承すべく先人の知恵として発祥したのかもしれませんね?

それには、前に書きましたが楽しい要素も無ければ続かない。

ある意味未来までを想定した究極のリスクマネジメントではないかと思います。

意味の無い物事は無いといいますが・・・これからはいろいろ考えてみたいと思います。

なんかいつもとは違う文面ですが、信州は佐久の墓参りに帰れない望郷の思いとしてこんなことを考えたのでした・・・(合掌)

□千曲川災害の歴史(戌の満水)

02_4

|

« お酒と蕎麦 | トップページ | 爆水RUN in 依田川 »

コメント

kanさん、おひさです!昨晩ぶいよんしてきた
ところです。お腹いっぱい、コラーゲンたっぷり、
マスターお元気で何よりでした!!

お墓参り・・・。私達も長野に来てから行って
ません。それまでは、欠かさず、いいえ、思う事が
あると車を走らせお線香が消えるまでお墓に話し
掛けてました。ふふふ、暇な専業主婦ですから!!

お彼岸だから、お盆だからではなく、日ごろから
仏様の事を思い出し、心を静めて目を閉じ、いつも
見守ってくださる仏様にはまずお礼。それだけでも
立派な供養になると聞いた事があります。
墓前やお仏壇の前でなくても良いそうです。

仏様の事を思い出してくれる、その気持ちだけで
喜んで下さるそうです。それと、仏様は大変喉が
渇くそうなので、お水は絶対です、お酒じゃないですよ!
kanさん、まず、お水!!出来ればたっぷり!!

あっ、ご存知でしたらすみません!私はけして仏教徒
ではありません。ただ、そう教わっただけなんです。

少しでも、離れて生活するkanさんの、気休めに
なれば・・・と、思っただけです。すみません・・・。

投稿: かんすけ母 | 2008年8月 2日 (土) 21:36

かんすけ母さん
お久しぶりですね
心暖かなコメントありがとうございます。
先人にたいしえは、その思いが伝わるのが一番大切ですね。
でも、こんな行事的な機会で現在進行形の人間を集めることでコミュニケーションがもてるというのも面白いです。
「とりそば」は明日食べられそうです。

投稿: kan | 2008年8月 2日 (土) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/42028386

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久のお墓参り:

« お酒と蕎麦 | トップページ | 爆水RUN in 依田川 »