« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

まにゅあるとらんすみっしょん

なんか雨ばっかりですねぇ~

まさか・・・このまま「秋」になっちゃうんでしょうか?

たしかに、立秋は過ぎてはいるが・・・

Photo

最近の写真なのに、なんか「秋」っぽいとおもいませんか?

最近なんか写真ばっかですから、ちょっと面白いものも出してみようかなぁ?

先日、久しぶりにJEEPを走らせていると、前を走る車の後部ウィンドウになにやら張り紙のようなものが見えるではないですか?

なにかなぁ~と近くに寄って・・・「読めるまで近づくな!」なんて書いてあるトラックなんかもあるから期待したりするぅ(笑)

Mt01

これは、ちゃんと信号待ちで撮影したのだけれど・・・見えにくいですねぇ

ワタシの1.5overのサバンナ的視力ではしっかり読めたのですが・・(爆) 後で拡大しまっせ。

こんな車のリアのシールでよくあるのが、「赤ちゃんが乗ってます」ってシールとかブラブラゆれるやつ。

ん!

だから?

こういう車に限って、急加速して追い越ししたりぶっとんでるケースがよくある。。うんうん。大人のワタシ的には・・あの車にはたぶん今は乗せてないのだろう。。。と思うしかない

そうそう、昔ダンプで「男はたいへん、女は昼寝!!」ってでっかく書いてあるのもみたっけこのブログでも紹介したなぁ~ (クリックで見れます)

お待たせいたしましたが・・・この張り紙を拡大すると

Mt02

な・な・な・なんと

「MT車 坂道での後退にご注意下さい」

って

あなた・・・・

この字が読めたときにはもう遅いっちゅうの!

少数になってしまったMT車。。。こんな張り紙はあのダンプのようにもっとでかく書いていただきれば・・・・それよりAT車に乗れちゅうの!

どこかのマスターみたいにねぇ (爆)

まあ

世の中いろいろ

MTの免許取る人ってどれくらいいるのだろう?

ぢつは・・・ワタシのJEEPも3ATだったりするbleah

じゃんじゃん

ぶいよんからのお知らせ!

ぶいよんの継承者募集中(詳しくはここをクリック)

とりそば職人のマスターが、我こそはという方に・・・「ぶいよん」の味と開業のノウハウを伝授するそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

焚き火

Photo

この日も雲ひとつ無い快晴!

我々のテント村はサバイバルキャンプに恥じないこんな海辺に設営されている。

Photo_2

しかも、砂浜ではなく砂利しかないようなひどい状態。

ここの浜は初めて訪れた90年頃はしっかりと砂浜もあったし、浜も広かった。。それが段々と浜は波に削られたのか狭くなるし、砂はまったく無くなってしまった。

これも、地球温暖化のえいきょうなのだろうか?

Photo_3

この日も太陽は正しく西の海の彼方へ段々と沈んでいった。

毎日フルサンセット!(^^)!

暫くすると・・・・「あぢぃ!」と海の声が聞こえた・・・・ような?

01

ほんとうに海に沈んでいくようです。

そして、太陽が消えて風が海風から陸風にチェンジされると・・・・大人の火遊びが始まるのである。

Photo_4

このキャンプは働くのはすべて男、女性は好きなときに海で遊び、好きなときに昼寝をして、男の料理を食べ大いに呑み、天の天の川を眺め、流れる流星に願いをするだけでいいのだ。

まあ、毎晩27時ごろまで焚き火の宴会は繰り返されるのであった。

やっぱ夏だね!

ぶいよんからのお知らせ!

継承者募集! 詳しくはここをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ひまわり

誰のために咲いたのぉ~♪01

佐渡の外海府のあたりにはこうしたひまわり畑がいくつか点在している

青い空に、濃いブルーの海(もうちょっと海写し込むべきだった・・・)

そして黄色に輝くひまわりの花は・・・・

ああ 夏だねぇ~♪

02

佐渡の夏を車で目的の海岸まで走るときに必ずセットするCDがある。

それは、「あー夏休み」から始まる夏・夏・夏・海・海・海の「TUBEstⅡ」だ!

内地を移動する時にはサザンもありだが、熱い太陽と青空と海が目の前に来るとやっぱりTUBEがいい。

このⅡは特にいい。。。

Photo

ひら~り ひらりと舞い遊ぶように♪

姿見せたアゲハ蝶

うーーん 見ていても飽きない風景だった

そして、この日も正しくサンセット!

Photo_2

落日ってほうが似合っているかな?

雨神様にはちょっと見られない光景でしょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

雨神様 !?

Photo

残暑御見舞い申し上げます!

夏休み最後の日曜は連日の暑さが急転し涼しい日になりましたが、今日はすっかり変わって暑い東京になっています。

ぢつは最終日に、晴れ男はお土産の純米酒「北雪」を片手にぶいよんへ行ったのであった。

それは、この夏のお互いの過ごし方の結果を確認するためででもあり、なんだかんだ言って今年まだ喰ってない「冷やし味噌」を喰うためでもあった。Photo_2

嬉しいことに、気まぐれオプションの「きゅうりの辛子つけ」も健在であり、冷たいスープ+味噌+とうがらしの大盛麺は空腹の腹を静かに満たしてくれた。

冷やしは、たぶん残暑続くであろう9月一杯はあるかと思う。

まあ、大体予想はしていたものの話を聞くと・・・涙せずにはいられない結果のようだ。

突然メールに写真が送られてきた(突然のゲリラ雨に通りがかりの役場の軒下でカッパをい着る図)Photo_3

かなり自虐的なネタではあるが・・・ぶいよんマスターはついに昇格し「雨神様」になったらしい。。。

しかし、本当に神の領域に達しているのだろうか?

もしかして・・・同行の弐氏との相乗効果でなないだろうかと静かな説を考えてしまう晴れ男であった(爆)

その雨三昧に対して晴れ三昧のワタシの海岸(笑)Photo_4

この日ぶいよんの網戸に止まったアブラゼミ(意味なし)

Photo_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

やっぱり晴れ男!

だいぶ御無沙汰してしまいましたcoldsweats01

短い夏休み今日やっと家に戻りました。それまではアウトドアと実家におり気がつけば明日から会社じゃないですか?

Photo

晴れ男の私は、今年も誰も来ない北の海辺にて友人たちと野宿生活を楽しみました。

4日間の間に雲といえばこの写真の薄い雲だけでした。透き通った海と暑い日差しでとても夏らしい時間をすごせました。

Photo_2

ここ、北の海は相変わらず水がとてもきれいです。

Photo_3

昼過ぎの太陽に光る海・・・

結構厳しいサバイバルキャンプですが、こんな風景が疲れを癒してくれます(ただし、精神だけで、肉体はきついですcoldsweats01

これから、ゆっくり写真の紹介をしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

味噌は秋まで食べられない?

いやぁ~ 久しぶりにぶいよんへ行けました!(^^)!

いろいろあって、4週間ぶりでしょうか? なにせいつも運んでいるR25とL25が重い重い・・・R25

これって、上田で置いてあるところありますかねぇ~?

結構内容が充実していて面白い、これがフリーペーパーだから週刊誌は要らないって感じです。

ぶいよんへお越しの際は是非手にとって読んでください! ただし、食べながらの読書は禁止ですからね~ マスターが怒りますよ(笑) 

さてさて何を食べようかぁ~

あ・・・印度は終了か?

そういえば、印度の始まる前日に来たきりだった

では外も暑いから「海の大+辛味」でがっつり行こう!Photo

ぢつは、この海が一番好きだったりする。

何か忘れたと思ったら、玉子頼まなかった

この、とりそばスープに魚介が加わるのがいいねぇ~ 当初は、しらすとか小女子がトッピングされていましたが、現在のアミ海老がいちばん合っている気がする。。飽きない味ですね。

まあ、どうしてもって言うとネギ増しが欲しいと思う。

海の登場

海贅沢盛り登場

Photo_2

こちらは、娘の頼んだ「冷やし味噌つけめん」

まあ、なつなつなつなつなつ・・・夏ってメニューですね、今日はなんとキュウリのからし漬けが乗ってる(自家製だって)

これは、あるときだけのサービスです。

冷えたらーめんとキュウリがまあなんというか合ってしまうんですね・・・旨かったです。

それで、夏の期間(時期はアバウト)は味噌は販売停止しています。

味噌が恋しい方は、この冷やし味噌つけでガマンしませう(笑)

Photo_3

はいはい、これが8月と9月の営業状況です。

ただし、夏休みとして3連休を取りたいと言ってますが・・・まだ正確には決定していないそうな?

どうも、ここに赤丸をつけると「雨」が降るというジンクスがあるため決められないそうで(笑)

決まったらすぐにここに書きますが・・・・

た・ぶ・ん 13日前後が90%の確立でしょう!

勝手な予想では、13~15でお休みになりそうな気がする、なにせ天下の晴れ男のワタシが、9~12で遊びの予定をいれちょりますからね(謎)

ぶいよんの伝承者募集してます

詳しくはここをクリックしてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

爆水RUN in 依田川

日曜に上田市の丸子で「信州 爆水RUN in 依田川」が開催されていました、この大会は日本マラソン100選にも選ばれているし、また川の中を自由に走るというオンリーワンの大会なのだ。Photo

今年で、13回目を数えるのだけれど、ワタシは出場したいと思ってはいるものの開催日と他の日程が合わずにいままで見送ってきた。

そして、今回は・・・なんと日程は参加できるのにエントリーをしていない(笑)

なぜ、現地に行ったかというとムスメのチアリーディングチームが選手の皆さんの慰労で体育館にてチアリーディングを実施するのと、大会のボランティアに参加するので出かけていきました。

もう、天気はぴーかんで実に水遊び日和!

Run02

みなさん、川の中を一生懸命に走ってます。

Run03

中には、コスプレでの参加もあったようですが、ここの鉄人コースはほとんどがアスリート? しばらく観戦(撮影)してましたが、派手な方は見つけられなかった。

Run04

川を横断したりすると、結構な深みもある。 中にはずーと泳いでる選手もいました・・・が、中には泳いでいるのか流れているのか?? の人もいたりする(笑)

この大会は、県内はもとより県外や外国の方のエントリーも多く今年は960人近い参加と聞きました。

エントリーは、鉄人コースが8km、ずくだしてGO!コースが4km、ファミリーグループコースが3kmで、参加費がコース別で500円~2000円になっているようです。

ゼッケンとヘルメット、確認タグが支給されますし、ボランティアによるきのこ汁やカキ氷、冷たいキュウリなどが振舞われています。。。(BEERは有料よ(笑)でも売り子はボランティアです。Runfamily

ファミリーは、こんな支流をのどかに楽しんでいました。

いや~いいですねぇ~ 

来年は必ずエントリーしたいですねぇ

もちろん、鉄人コース

それまでに、脚力を30年くらい昔のレベルにもどさなけりゃいけませんが(爆)

来年のこのページには参加して、防水のカメラでの報告が出来ればいいなと思う夏の昼下がりであった。

そう、このあとに久しぶりの「ぶいよん」へ出かけました!

また後程

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

佐久のお墓参り

今日は8月1日です、信州の佐久地方では「お墓参り」の日です。

この日はどこも休みになるのが普通でして、まだ信州にいた頃はしっかり会社を休んで先祖の供養をしていました、しかし遠く離れたところで暮らすようになるとなかなか帰ってお墓参りをする機会は8月1日が休日にならないかぎりありません。

ふとカレンダーを見ると来年は土曜日なので久しぶりにお墓参りができるような気がします。とは言っても仕事を関東でしていられればですけれど・・・(謎)

しかし、この「お墓参り」なる風習・・・しかも会社や官公庁までもほとんど休みにしてしまうのは一体いつから始まったのだろう?
東信も佐久地方(小諸の一部含む)は休んで(実家のあたりは、前日にお墓掃除として2日休むところもあった)実施してますが、上小になると「お墓掃除」みたいな感じで早朝に行われていましたね。

暮らしたことの無い北信の事はよく知らないのですが・・・どうでしょうか?

この風習はどこから来たのかと少し調べると、戌の満水という大水が、1742年(寛保2年壬戌)に大雨(台風)が降り、千曲川上流部から下流部までの水域で約3000人近い被害があったそうで、この慰霊のために始り200年以上続いているらしいです (詳細は文末のリンクで)

悲しい災害の裏にある墓参りだったのです。

子どもの頃は、夏休みに花火を楽しんでよい日というのが決められていて、それがこの墓参りの日と、お盆の4日間だった事を急に思い出しました、子どもにとっては花火はできるは、親戚が集まって美味しいものは食べられるはで楽しい日だったにですが(笑)

実は・・・・

今年も地震や河川の氾濫などで多くの方が亡くなられています、現在の私たちの生活は自然災害からはかなり守られるような、治水や土木工事がすすめられていますが、都会の川などはあまりに人工的な工事をしているため逆な現象も起きています(悲しいことです)

自然災害を防ぐには過去の歴史や先人たちの積み重ねた努力を尊重するとともに、自分たち自身としても最悪を想定したリスクマネジメントをしておく必要があると思います。今日はそんなことも考える日として本当は子ども達に話をしていくべきなのかもしれません。これは、お盆の帰省したときにでも爺さん婆さんもふくめ考えてみたいと思います。

もしかしたら、こういった風習や行事には仕事を休みにまでして先祖の墓前に一族が集まり、宴を開く席の話として伝承すべく先人の知恵として発祥したのかもしれませんね?

それには、前に書きましたが楽しい要素も無ければ続かない。

ある意味未来までを想定した究極のリスクマネジメントではないかと思います。

意味の無い物事は無いといいますが・・・これからはいろいろ考えてみたいと思います。

なんかいつもとは違う文面ですが、信州は佐久の墓参りに帰れない望郷の思いとしてこんなことを考えたのでした・・・(合掌)

□千曲川災害の歴史(戌の満水)

02_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »