« 月見の印度 | トップページ | 月の裏 »

2007年7月17日 (火)

若鶏のむしり

じつは昨日からのつづきになるのですが・・・・「ぶいよん」にて「月見の印度」と「つけの贅沢盛り」の最後を食べてから、実家のある佐久へ行ったのです。Photo_304

まあ、我が家のお嬢がチャレンジして挫けたのではありますが・・・・ぢつはここで「とりそば」喰っている頭の中にはすでに次の「鶏」が飛んでいたのです(爆

それは、佐久の「鶏のむしり」です。

「むしり」とは、若鶏の半身をオーブンでゆっくり1時間はローストしてつくられている料理です。 なぜか無性に喰いたくなり、駐車場からテイクアウト予約の電話を入れました(1時間ありますから、予約無しでは基本的に買えませんし、お店で食べることも無理)

佐久市臼田にあるお店は、「瀬川」が有名ですが今回は運ぶ時間も考えて隣の「みよしや」にしました(瀬川は塩胡椒が基本、みよしやはタレにつけてから焼く)Photo_305

ふたつ隣同士で並んで営業してます。縄暖簾が「みよしや」です。Photo_306

予約の時間5分前にお店に着くと、もうすでにビニール袋+新聞紙で保温包みされてました。ちょうど焼きあがったばかりとの事で、持つと熱々常態!Photo_307

このとき車の中は・・・・気が狂わんばかりの鶏の良いにおいが充満して一刻も早く実家へとアクセル全開常態(笑

さっそく家にて1本取り出したのがこの状態02_15

この焼き色がいいでしょう・・・・表面はパリパリで中はジュウシー! これを上品?に手でむしりとってがぶりがぶりと喰らいつくのが正しい食べ方(爆 もう、おいしい脂と若鶏のやわらかい肉がその香りといっしょに口中に広がるなんて門じゃ~~ない。。。。。そして、すかさずBEERをごっくんとやるってえと

「生きてて良かったぁ~」これが幸せと言わずなんと言えようか?

フィニッシュは・・・・・Photo_308

ちょっと画像的にはどうかと思いましたが、ここまでしっかり食べられる事を証明したかった訳です。

今回は・・・とりそば・・・鶏のむしり・・・と、鶏つながりの話でした。

「みよしや」さん  0267-82-2446  (不定休)

必ず電話で営業を確認される事をお勧めします。 そして、テイクアウトすることも。

新潟・長野での地震にて被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。

|

« 月見の印度 | トップページ | 月の裏 »

コメント

これ旨そうだねぇ!!
普通に喰いたいけどクリスマスみたい・・^^;
これトッピングにしたら驚くだろうなぁ。

投稿: Master | 2007年7月18日 (水) 10:09

うーーーーん クリスマスって発想はやっぱ昭和人だねぇ~
あの香辛料だらけのチキンを喰うならば・・・こっちの方が
なんかよさげに思う。。。(たまに喰いたくなるが・・・)

でも、びっくりトッピでやるのはおもしろそう(笑
ただ、コストは「印度」と同じだけどね。

投稿: kan | 2007年7月18日 (水) 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/15789401

この記事へのトラックバック一覧です: 若鶏のむしり:

« 月見の印度 | トップページ | 月の裏 »