« 印度 マハラジャ | トップページ | 蒼 »

2007年6月25日 (月)

マハラジャの喰い方

この週末なにかと忙しく、すっかり更新するのが遅れましたm(__)m 

と・・・・言っても、なかなかお店関係の新しい情報は取りに行っていないので、今日は続いている「印度」関連の話です。

Masterからのコメントが入っていたので、こちらでも紹介しようかと思います(コメント見ていない方もいらっしゃるかと思い・・・) まあ、マハラジャの喰い方っていっても、そのまんまだと王様喰っちゃうわけですから・・・・(爆

【マハラジャの喰い方】

マハラジャは贅沢盛りの出来た経緯と一緒でかぶった常連オーダーをそのままメニューにした千円メニューでやす。印度のスープは味噌と同じく大でも「並」の量なので、麺を2玉入れるとスープは見えなくなるのです。
そこに印度具がのると・・そう!一見タンタン麺風。
正しい喰い方(?)は
まず、印度具で喰い始めて途中からスープと混ぜながら・・というのが2度美味しい食べ方!と常連さんが申しておりました。

猛暑対策?・・
は、まず環境整備。ジャ○コで激安エアコンを調達。^^;
昨年の夏は1台のエアコンでフル稼働でも30℃以下に下がらず・・(大汗)
今年は2台で少しは改善される見込み。
食の猛暑対策はやはり発汗系で何かを・・・今の所ノーアイデア。

追伸
黄身のオーダーは黄身分離させる際に失敗するのを嫌い、基本「生卵」となりますのでご承知を。黄身にするのはレンゲと箸を駆使してDIYしてください。
(簡単に見えるが慌ててる時は心臓に悪い・・崩れても良ければ黄身分離申し受けまする。生卵は全て味玉に化けてる時があるのでそんときゃごめんす)

って事で、あらたな発見としてマハラジャだとタンタン麺風にも通常のスープ風(ラーメンじゃん)にも両方楽しめるって事ですね。 それから、私が試したかった「卵黄」については・・・自分で分けろって??? まあ、1人でやってますし元々「裏トッピ」ですし・・・試したい方は自己責任ってやつですね。 えっ・・私はもちろん試しますヨ! 

「マハラジャ」・・・・黄身+ をね。 

【蛍のはなし】

前々回にお知らせいたしました、狐塚「蛍の里」は今週から最盛期のようです。蛍は暖かい日の夜には沢山乱舞します。 また、深夜には減るようですので、8:00~10:00の間くらいが一番ではないでしょうか? まだ見てない方はどうぞ今週中におでかけください。

★気まぐれギャラリー☆彡01_21

02_13

03_5

■たそがれゆく妙高

先日、新潟方面に行った帰りになにげなく一般道(R18)を走ってみました、なんかほとんど高速使ってるのと同じくらい整備が進みびっくりしました。そんな途中信濃町あたりはまだまだ昔の道路の面影があり(整備してないっちゅうこと)ゆっくりと走っていましたら、右手に広がる妙高をバックにした夕暮れがすばらしかったので・・・・3枚も。

たまには富士山以外のお山もいいですね。

そうそう、写真はクリックして大きくしてみてください。。。このままだと小さすぎてなんで3枚選んだかもわからないから。。

|

« 印度 マハラジャ | トップページ | 蒼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/15552103

この記事へのトラックバック一覧です: マハラジャの喰い方:

« 印度 マハラジャ | トップページ | 蒼 »