« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

うみ

暑い日が続いていますが、みなさん体調には気をつけてください。

今日も「ぶいよん」とは少し離れた話題・・写真ばかりです。

ぢつは・・・「うみ」が好きなんですよねぇ~  「そら」も好きなんですが・・・

共通点はどちらも三次元じゃないですか? やっぱ地上に長くいるとどうしてもきになるんですかねぇ~

Photo_284

■ふりそでえび

着物を着ているみたいに綺麗な海老です。 しかし・・・主食はヒトデとのことです。。んんんんって事は、君はご飯の上に乗ってるのか?

Photo_285

■くえ

でかい顔ですねぇ~ あらとも言いますね。 この鍋はほんとうに旨いっすよぉ~ ごっちゃんです(笑

Photo_286

■やどかり

はたして・・これは宿を借りているのか??? 家というよりシェルターか鎧ではないかと思う・・が。 それよりその目はj何を見ているのか?

Photo_287

■かじか

ご幼少の頃・・・夏は毎日川でこいつを捕まえた・・・・から揚げが一番旨い! 今じゃすっかり高級な食材になっちまったなぁ・・・・かじかよ。

02_14

■メタボなかえる

・・・・・・・・・鏡をみるようで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

この日は空が蒼く・・・・風が気持ちよかった

Photo_283

Blue Summer

もう夏は来てます・・・・  

photo by Jyouetsu aquarium

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

マハラジャの喰い方

この週末なにかと忙しく、すっかり更新するのが遅れましたm(__)m 

と・・・・言っても、なかなかお店関係の新しい情報は取りに行っていないので、今日は続いている「印度」関連の話です。

Masterからのコメントが入っていたので、こちらでも紹介しようかと思います(コメント見ていない方もいらっしゃるかと思い・・・) まあ、マハラジャの喰い方っていっても、そのまんまだと王様喰っちゃうわけですから・・・・(爆

【マハラジャの喰い方】

マハラジャは贅沢盛りの出来た経緯と一緒でかぶった常連オーダーをそのままメニューにした千円メニューでやす。印度のスープは味噌と同じく大でも「並」の量なので、麺を2玉入れるとスープは見えなくなるのです。
そこに印度具がのると・・そう!一見タンタン麺風。
正しい喰い方(?)は
まず、印度具で喰い始めて途中からスープと混ぜながら・・というのが2度美味しい食べ方!と常連さんが申しておりました。

猛暑対策?・・
は、まず環境整備。ジャ○コで激安エアコンを調達。^^;
昨年の夏は1台のエアコンでフル稼働でも30℃以下に下がらず・・(大汗)
今年は2台で少しは改善される見込み。
食の猛暑対策はやはり発汗系で何かを・・・今の所ノーアイデア。

追伸
黄身のオーダーは黄身分離させる際に失敗するのを嫌い、基本「生卵」となりますのでご承知を。黄身にするのはレンゲと箸を駆使してDIYしてください。
(簡単に見えるが慌ててる時は心臓に悪い・・崩れても良ければ黄身分離申し受けまする。生卵は全て味玉に化けてる時があるのでそんときゃごめんす)

って事で、あらたな発見としてマハラジャだとタンタン麺風にも通常のスープ風(ラーメンじゃん)にも両方楽しめるって事ですね。 それから、私が試したかった「卵黄」については・・・自分で分けろって??? まあ、1人でやってますし元々「裏トッピ」ですし・・・試したい方は自己責任ってやつですね。 えっ・・私はもちろん試しますヨ! 

「マハラジャ」・・・・黄身+ をね。 

【蛍のはなし】

前々回にお知らせいたしました、狐塚「蛍の里」は今週から最盛期のようです。蛍は暖かい日の夜には沢山乱舞します。 また、深夜には減るようですので、8:00~10:00の間くらいが一番ではないでしょうか? まだ見てない方はどうぞ今週中におでかけください。

★気まぐれギャラリー☆彡01_21

02_13

03_5

■たそがれゆく妙高

先日、新潟方面に行った帰りになにげなく一般道(R18)を走ってみました、なんかほとんど高速使ってるのと同じくらい整備が進みびっくりしました。そんな途中信濃町あたりはまだまだ昔の道路の面影があり(整備してないっちゅうこと)ゆっくりと走っていましたら、右手に広がる妙高をバックにした夕暮れがすばらしかったので・・・・3枚も。

たまには富士山以外のお山もいいですね。

そうそう、写真はクリックして大きくしてみてください。。。このままだと小さすぎてなんで3枚選んだかもわからないから。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

印度 マハラジャ

今日突然飛び込んできた新バージョンの情報!

印度 マハラジャ!?

今回その具が過去最高にパワーアップしてきた「印度」先週より販売開始していますが、なかなかの評判。

前回も、いろんな食べ方を・・・・   と話しておりましたが「マハラジャ」とはね。。

実際に食してないためディテールは?????ですが、入手した情報からすると・・・どうも、麺は2玉(大盛+半玉 ちゅうことね) に、味玉か鶏増しのどちらかをトッピとして選択するらしい。がっつり味わいたいときにはいいでしょうね。

んんん 印度版贅沢盛り?? で・・・「マハラジャ」 なるほど 

これを喰ったら・・・ついに「踊りだす」かなぁ~(笑

現物の写真はないので、1世代前の「印度」の普通盛りだが、味玉をトッピするとこんなかな?01_20

ここまで来たら、次は絶対に汁なしタンタン麺ではないが、「汁なし印度+スープ別盛り」・・OP辛さ調整マサラ有り なんて言う飛び道具を発信して、予想される猛暑対策して欲しいなぁ~~~Master!

独り言・・・・生卵の「黄身」ください・・・・って言ってみよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

「蛍の里」 @上田(旧丸子) 

そろそろ「蛍」のシーズンになってきました。 我が家の近くにも「蛍の里」とよばれる場所があります。 そこは上田市(旧丸子町)の小さな川です。

この川は周りを林にかこまれており、シーズンのピークには何万匹?の「蛍」による光の洞窟のようになります。道路よりも近く遊歩道も近隣の皆さんにより整備され(赤色の誘導灯や、滑り止めのむしろ)ています。

なお、「蛍」は光を好まないため懐中電灯やカメラのフラッシュはマナーとして使わないでくださいね。

場所は、しなの鉄道「大屋駅」から旧丸子方面へ徒歩15分です。 パチンコの「モナコ」スーパーの「西源」の左側の細い道路わきです。Photo_281

大屋駅からの二つ目の交差点(長瀬北街道)ここに、目立たないが「狐塚蛍の里」の左折看板がある。

Photo_282

以前は、ここの駐車場で屋台や催し物(蛍祭り)などやっていて駐車できたが・・・・・・・今もたぶんできると思うが自己責任でお願いします。 ここから後方の林方面にあるいて2~3分で「蛍の里」に着きます。たぶん今週末からは屋台なども出てにぎやかになっているでしょう。

01_19

02_12

03_4

入口から入っていくと、こんな立派な遊歩道が整備されています。 ピーク時の夜は見物人でこの道路がぎっしりになりますから、暗くても平気です。 

先週の日曜の晩に先遣隊として行ってきましたが、まだまだ時期が早いのか十数匹が飛んでいただけでした、たぶん今週末がいちばんの見ごろとなると思います。 最近「蛍」を見る機会も少ないとおもいますので、ぜひ一度体験したらいかがでしょう?

蛍のトンネルを体験できるかもしれませんよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

祝 1周年!

いやぁ~ 実は今日は「記念日」だったんですねぇ~ 

祝! 「ぶいよん応援隊」 1周年記念です。

我ながらよくも1年も続いたと感心しています。 そして、いつも訪れてくださる皆さんに感謝するわけです。 ほんとうにありがとうございます。

これが記念すべき1ページ目です(笑

http://iamkan.cocolog-nifty.com/take/2006/06/post_cb63.html

まだ本気でこのブログを作るのか続けるのか「迷い」がありますねぇ~ しかし、1年かぁ・・・・・・・・

ということで、当初「ぶいよん」だけでしたが +kan’s Photo も加わりいろいろと発展させて行きたいとおもっちょります。

どうぞ今後もよろしくお願いします。

Photo_280

ちなみに・・・まだ踊った人は見てません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

NEW 印度 

新しい「印度」が登場したので早速お試しに出かけました。

土曜日にはマスターから「麺」が切れて夜の営業ができないとの悲痛・・・いや歓喜の叫びを聞いたので今日(日曜)の開店ダッシュで暖簾をくぐりました(まあ・・・午後は予定があったので(笑)

Photo_276

今回の「印度」は、夏の期間は味噌と入れ替わりで提供を続けたいと言うのがマスターの考えのようです。 前回までと変わったのはこの張り紙にも書いてありますが、「味玉」がデフォから外れたことです(少し残念と正直思ってしまった・・・) 早速「印度・並」と頼むと、カウンターに来られたお客さんから「印度・大盛り」と元気なコールしかも二人! もう一人は「味噌・大盛り」でした。

早速「NEW・印度」を・・・・・Photo_277

ビジュアル的には、いままでの「印度」とそんなに変わらないかな・・・・と思った。 そして、この下に味玉が隠れていないの?? との期待も!

ただ、帰って過去の写真と比べると・・・違いはあったのだがこのときには気がつかず

最初の一口は、このグラッセされた具と面をいっぺんにすすりこむように「ずずーーー」と吸い込むと・・・・おおおおおおおお! 今までより格段に力強くなったカレーの風味と玉葱とムネ肉の甘さ、そしてスープと麺の歯ごたえが口中に広がった。。。。うんうん・・辛味も少しだけ強くなった(とは言っても子供でも大丈夫レベル・・・あちき的にはあと20レベルUPして欲しい・・・) が「旨め~~~」

そして、その後は・・・・最後のスープまで一気に喰ってしまいました(たぶん2分切ったのでは) なお・・・この後ダイエット中にかかわらず「つけ」を食べたのは気のせいかもしれない(爆

この味は是非食べてみていただきたい。 本当に旨い! これなら「味玉」がOPとしても納得ができた。

そして、この具ならば・・・・スープを別の器にして麺と具だけを・・・そう、タンタン麺とかミートソースみたく食べてみたくなった。そして半分過ぎたあたりでスープを投入。 まあ、贅沢な喰い方だが是非試してみたい。Photo_279 

 

ここで、具のアップ!

マスターから事前に今回の「印度」について情報をもらっていたその内容を紹介しちゃいます。

【印度の具】

水は一滴も使わずに玉葱と鶏挽肉だけで作るのである。
出来上がりとはいってもこの後一日寝かさないと商品としては
出せないのである。
立派な一品料理なのである。
味は和風キーマカレーといったところか・・。

家で作るカレーも次の日或いはその次の日の方が旨いのは周知
の事実である。
モノにもよるが
大抵の煮物は冷めていく過程で味が染み込み旨味が出るのであ
る。
おらち(当店)のものはスープは勿論すべて炊き上がった次の

日以降にお出ししているのである。
ひと味もふた味も違うのであ~る。

                           とりそば職人

02_10

これはマスターからのサービスショット!

今回はギャラリーはお休み♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

また 富士山

ついに入梅しましたねぇ~

とは言っても、雨は昨日だけで今朝はすでに普通の天気。 どうも今年は空梅雨、猛暑で水不足・・・って事になりそうな予感(まあほとんどの人が思ってるのでは)がする。

そういえば、この冬は雪も少なかった・・・東京ではちらほら舞うのを1回見ただけ。地球の温暖化が実際に感じられる気がします。

今日の写真はまいどまいどですが・・雪がまだあるお山をどうぞ

03_2

01_17

■癒しの山・・「初夏」

この写真は、先月末の昼下がりですね、伊豆半島~伊豆大島上空あたりからの「お山」です。 梅雨の前で空は蒼く綺麗なのですが、地表は中国(モンゴル)からの贈り物である「黄砂」が多く観測された日なので、かなり霞んでいました。 いちばん良い撮影条件は、台風直後の晴天ですね。きちゃない汚れを雨と風でぜーーーんぶ取ってくれるのがうれしい。

Photo_275

■きらめき・・

これ実は前回に洗濯で・・・いや選択でなやんだ1枚。 撮影場所は田圃の中の用水路・・・まあ、お花の数が違うくらいなのですが・・・・・載せちゃいました(笑

★ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

「印度」 復活!

本日ぶいよんは「研休日」です・・・・・マスターは何を研究するのやら。。。

明日から 「印度」 復活!!

前回記事に「ピーかり」さんのコメントがあったように、「印度」が明日(14日)から復活します。 今回の印度に何のサプライズがあるかと取材を続けましたが(笑) 昨日までの所では大きな変化はないようです(謎)

今回のロット数も把握はできておりませんが、この週末はちょうど食べごろではと勝手に思うのであります。

【なつかしき初期の印度】061016_03

明日発売開始なので、初期の「印度」の写真です。。福神漬けがなつかしいですねぇ~ どんな「印度」になってるか週末が楽しみです。

※コメントにマスターからの情報あり!

【純米酒】Photo_272

ここの冷蔵庫(カウンターの後ろには、少々のBEER(スーパードライ。。ちなみに私はドライは好みではなく別なのが欲しいのだが)とお酒が入っています。 マスターはこだわりがあり、ワンカップでも「純米酒」しか置いてない。 ここは私のポリシーともぴったりであって嬉しいのだが、これをゆっくり呑むには夕方の営業時間に「鶏増し」を皿盛りにして出していただけると本当に最高だと思う。 次回は、運転手付きで「純米」をちびりちびりと楽しんだ後に、「とりそば」と考える。。。。

ちなみに、左から2番目は佐久市の橘倉酒造のです。最近東京でも信州は佐久の日本酒が結構人気でてきてます。

ちなみに・・東京にておいしい日本酒と料理をリーズナブルに楽しめるお店を紹介します。神楽坂にある「恒」というお店です(JR飯田橋から徒歩6分) まあ、信州出身の我が友人のお店なのですが機会があれば是非おためしください。

□恒のホームページ

http://homepage2.nifty.com/shunsai_tsune/index_p.html 

★気まぐれギャラリー☆彡Photo_274

■ 暖簾・・

Photo_273

■ 水面に・・

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

つけめん 中盛り登場!

この週末は晴れたり、曇ったり、どじゃぶり・・・そして雷とめまぐるしい天気でしたねぇ~ 東京。 

さて、今週は「ぶいよん」へはいけなかったのですが、新しい情報が入りました。Photo_268

まあ、相変らずのビジュアルではありますが・・・(笑) 私も大好きな「つけめんに“中”が登場」しました。

これでつけめんは、並(1.5玉) 中(2玉) 大(2.5玉)+贅沢盛り(2.5玉+味玉+鶏増し) と ・・・ 半玉(¥50)での無制限大盛コース そして、混布湯割りへ続く黄金のラインナップが完成したわけです(大げさかな・・・)

まあ、量が増えるだけでしょ! ってな声もあるかも知れませんが、並での1.5玉があまりにもペロっと食べられてしまった方も、「半玉増し!お願い」とは言いにくい場合に躊躇無く「つけ 中盛り」とオーダーができてしまう訳です。

なんか、これからはつけの場合「中」がデフォになる予感も・・・・・それから、梅が嫌いでなかったらサービストッピの「梅肉」を乗せていただくと、麺の味がさらに楽しめますよ! ただし、サービスのため品切れの際はご容赦ください・・ね。

Photo_269

さあ、暑い夏には「つけめん」を思う存分喰ってがんばりましょ! (何を・・・・)

★気まぐれギャラリー☆彡Photo_270

【トンビがくるりと・・・】

とにかく・・・・飛ぶものが好きなわけで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

初めての・・・とりそば

初めての・・・・ってなんかいい言葉の響きがありますねぇ~

初めての・・・・○○。 

ここに何が最初に思い浮かぶかは・・・人、それそれかと。 ちなみに私は・・・ちょっとここでは言えません(笑  あの頃は良かった~~~  なんてね。

Photo_263

はい、はっきり言ってMasterのごたくです。 まあ、「ゴタクも店の味のうち」ってかな?

と、言っても確かにこのとりそばは、最初の熱々の時にはなんかあっさりしすぎているような印象を感じる、そしてアルデンテの麺をすすり続け、あおさの風味、味玉のこってりを堪能して気が付くと麺も終わり、スープが残る。。。

これを・・・レンゲではなく、ドンブリに唇を押し当てて「ず~・・すぅ~・・・ごくん」と飲み干していくと・・・口の中に「鶏」がいっぱいに広がり、しばし余韻が残る。

これ、これですね。

たしかに後を引く味わい。 いつかこのスープの「茶漬け」が喰える日を期待したい!

Photo_264

一生懸命に作る「Master」写真は始めて公開かな(笑) まあ、本人もいやだとは言わなかったからいいか? 作っているのは、この日オーダーした左から、味噌、海、基本です。 この集中しているときには話しかけないようにしてください。。。ね

Photo_265

味噌の完成品! トッピングは「たまねぎ」と「ねぎ」「味玉」だけのいたってシンプル。自家製味噌ブレンドのからさにたまねぎの甘みが、その歯ごたえも加わりなかなか良いです。これには「七味」がいいですね。

★きまぐれギャラリー☆彡

春から夏へ・・・・Photo_266

Photo_267

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

研休日

ここのお店の休みは・・・「研休日」と言う。 これは直訳すると研究を休む日なのでお休みであることには変わりがない。

しかし、Masterは店は休めても研究と自己研鑽は休まずに励んでいる・・・・・らしい。。。(この件については深い追求はタブーとの事)

そこで、恒例「6月~7月の研休日情報」です。Photo_259

次の研休日は、6月6日で、「かわいいコックさん」の日かあるいは・・・「ダミアン」の日か? まあ、一週間の疲れを癒していただき、さらに旨い「とりそば」を研究していただきたいと思う応援隊でした。

★きまぐれギャラリー☆彡

Photo_260

【木漏れ日】

大きな「楠」の根元の苔に木漏れ日がやわらかい

Photo_261

【夏の陽光】

すでにやわらかな新緑は終わり、夏の葉に変化して・・・・・

Photo_262

【紫陽花はなにを思う・・】

ここは「心字池」 この橋を渡る人はそれぞれ何を思っているのだろうか。。そして紫陽花は。。。

すこしいつもとは違うトーンでした。。。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

とりそば 「海」  

久しぶりに「ぶいよん」へ行くことができました。 先週にMasterから「海」マイナーチェンジの話があったので、早速たしかめました。

今回は、閉店ギリギリじゃなく1時前に着いたのですが、駐車場は満杯! ちょうど1台が出てきたのでなんとか入店。 カウンターの空き席も家族で行ったためしばしウェイティング状態。

今回も、「つけめん」をと思いつつも・・・・マイナーチェンジ「海」をオーダー!

Photo_256

???おお、小女子が消えた! その代わりに「海老」が一杯入ってる(笑       そうです、海老の形をしてはいますが、これは「アミ」ですな。 聞くと「瀬戸内のアミ海老」との事。

さっそく撮影の後に、ズズーーーーーと一口。

うーーーん、味はいつもの「海」。 基本よりも塩味が強めで、「花かつお」の風味とコク、しして、「アミ」からの風味がいいですね。

「海」は、「しらす」=>「小女子」=>「アミ」と変わって来ていますが、もう「次」に思いを馳せる応援隊でした(笑

★気まぐれギャラリー☆彡Photo_257

Photo_258

上【夏・・・花】

下【夏・・・雲】

ぶいよんからの帰り道・・・たんぼの中に咲くマーガレットと、夏の象徴「入道雲」を切り取りました。 花か・・・雲か・・・見方を変えた2枚です。

どちらの写真が好みですか?

こぼれ話・・・・今日の「海」に入った「アミ」一般的には、キムチの中とかに入れたり、佃煮なんかが良く目にしますよね。または、出汁を取る隠し味的な使い方とか・・・まあ、どちらかというと脇役って感じ。 今回はどーーーんと表舞台に出てきてます(笑  アミは、海老に似た形してますが、どちらかと言うとプランクトンの仲間です。 誰ですか。。。つりのコマセだなんて言っているのは(笑

すみません、我が家の家族は・・・カメのエサと言いました(爆

しかし、瀬戸内産のアミ海老は知る人ぞ知るブランドなのですよ! この風味と味を是非、お試しを!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »