« 君はハナサンボマンを知ってるか! | トップページ | 印度? »

2006年10月 9日 (月)

鶏増し「鰹」風味!

久々に、特派員から情報が入った。 それは「鶏増し(鰹風味)」との事。こちらは限定試作のようです。Photo_44

まあ、相変わらず字が・・・で、特派員の感想は「味は、鶏の感じがまったくしなくて、皮がなければちょっと歯ごたえのある鰹フレーク(缶詰の細かくなっていないヤツ)ってかんじ。自分的に”うまい”。もう少し、しょっぱ辛くなれば、日本酒のおつまみにピッ足し。」うーーん、送信原稿そのままですが・・・「ピッ足し」とはどんな足でしょう(笑  個人的には「もみじ」でも乗っていれば・・・ピッ足しかもしれません(爆

Photo_45

これが、特派員の食べた「とりそば」です。実は普通とはちょっと違うんですねぇ~ 

さて、そんな話を聞いたので早速突撃しました。今日は休日の昼なのでちょっと遅めに行きましたら知り合いの家族とマスターの友人夫妻が先客でした。 またまたいつものお気楽話をしながら、とりそば+鶏増し鰹風味をオーダー!Photo_46

写真は角度を変えてますが・・・違いはわかったかな?

相変わらずいい塩梅の味玉と、アルデンテ麺。早速味わう訳ですが、鶏増し(鰹)については私にはそんなに大きな違いは感じませんでした、マスター曰く「時間が経つとそんなにわかんないかも?」最初はピリ辛の鶏の方が旨いかもと思いつつ麺をすすっていると。 ん?? 何か違う?? この鰹風味の鶏増しをトッピングすると、そのつけだれがスープに混じる事で味の深み、コクがかなりよくなるんですねぇ~ これは、鶏と鰹の出汁の融合でしょうね。。。「再発見」です。 これいいっすよ! 思わず、「肉無くていいから、鶏増しの汁だけ入れて」と言ってました(これ、かなりマジな話です)

Photo_47

ふと壁に目をやると・・・て、目の前にもあったけど「メニュー解説」なるものが張り出してありました。 ここに「とりそば」への強烈なこだわりが現れていますねぇ。とりそばは、ラーメンとは違うんだ!こだわりのスープなんだってね。 たしかにこのスープと麺にはまっちゃった人はかなりのペースで食べに来るとか。 それより、最近は「とりそば」+「つけ麺」のツイン注文をして食べる方が少しではあるけど増えたそうで、これも嬉しい。

注目すべきは、ここにある「次のスープ出現間近!!」の一文、これは詳細は秘密だが今週中には登場させるとの事。噂された単純なる醤油じゃないとの事。。。さあ、みなさん期待しましょう!

|

« 君はハナサンボマンを知ってるか! | トップページ | 印度? »

コメント

kanさん、こんにちは~

最近ご無沙汰していますが、知らない間にいろいろ追加されていますね。
鶏の鰹風味ですか!かなり味わってみたいです!
「次のスープ出現間近!!」ってのも気になるなぁ~

投稿: まちゃ | 2006年10月10日 (火) 12:39

まちゃさん ど~もです。
そうですね、基本的には2種類ですが少しずつ研究して進化
していますね。
大きな変化は3ヶ月が過ぎたところですし、これからではな
いでしょうか?
今月発売の情報誌2種に掲載されるので、新しい客層による
刺激に期待です。

マスターの発奮に期待大!

投稿: kan | 2006年10月10日 (火) 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138795/12212563

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏増し「鰹」風味!:

» 「お客様の声」ページのコメント取材 [あさま工房奮戦記]
ホームページに載せる環境改善商品の利用者コメントをお願いしに行ってきました。 お客様は、前の会社の元同僚。 彼は私と同時期に退職して、この7月7日(大安)にスープ研究処〝ぶいよん〟という鶏をベースにした塩スープラーメン「とりそば」屋さんを開業。 こだわりの店主(マスターと呼んでくれ)は、ラーメンと表現せずに「とりそば」というネーミングを使用してます。 一足先に開業したマスターの店は、地元の信州... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 21:20

« 君はハナサンボマンを知ってるか! | トップページ | 印度? »